クレジットカード マイル

マイルが貯まるクレジットカード

クレジットカードには、マイルが貯まるタイプのものがあります。マイルはいくつかの航空会社が提供していて、利用するごとに点数がたまっていくサービスのことです。この制度の中でもらえるポイントの単位も「マイル」といいます。クレジットカードを利用した時にポイントが付くカードはいくつもありますが、マイル制の場合はマイルが貯まることになります。マイルを貯める為には、飛行機を乗る事は勿論のこと、提携しているクレジットカードを使っても同じようにマイルを貯める事ができるものがあります。マイルを貯めると国内線や国際線の飛行機の往復チケットなどを特典として無料でもらう事ができたりします。貯まったマイル数に応じたプレゼントがもらえたり、商品券がもらえたりするので、クレジットカードを利用してマイルを集めている人も多いわけです。出張や旅行というように、飛行機をよく利用するような人であればマイルは速く貯まります。さほど飛行機を利用しないような人の場合、クレジットカードと提携しているプログラムを選んだ方がマイルが良く貯まります。提携するクレジットカードを利用した金額に応じて、マイルがたまっていきます。このため、クレジットカードと提携があるマイルプログラムの方が速く貯まることになりますクレジットカードを使えば使うほど、マイルが貯まるわけです。飛行機に乗らなくても、クレジットカードの使用でマイルを貯める事ができるのです。

クレジットカードでのマイルの溜め方

マイルを貯めるには飛行機に乗る事が一番貯めやすいのですがクレジットカードで貯めることもできます。それほど頻繁に飛行機を利用する人は稀でしょうが、クレジットカードを利用することは結構あると思います。そこでマイルが貯まるとしたらうれしい制度なのではないでしょうか。当然ですが、クレジットカードと提携していないマイル制度の場合はマイルを得ることはできません。クレジットカードを利用してマイルが貯められるかどうか、そのマイルプログラムがどうなっているかを知っておくのは大事です。クレジットカードでもマイルを貯める事ができるならば、支払いの時にクレジットカードを使うようにすることです。携帯電話料金、レストラン、服などの装飾品、美容院、ガソリンスタンド、その他光熱費などの公共料金などをクレジットカード払いにすれば、かなりのマイル数を貯める事ができます。もしかすると、クレジットカードで全てのものを払うと言う事にちょっと抵抗がある人もいるかもしれません。提携クレジットカードがある場合、そのクレジットカードを賢く利用した方がマイルが多く貯まります。意識的にカードを利用して、たくさんマイルをためるようにした方がお得です。クレジットカードで8〜9万円ほど支払った場合を例に取ると、およそ800マイルほどを得ることができます。毎月これだけの金額をカード払いするとして、一年で9,600マイル、一年三ヶ月で12,000マイル貯まります。そのあたりで国内線のチケットがもらえると思います。どのぐらいのマイル数で、国内航空券がもらえるのかは、多少航空会社によっています。クレジットカードを使う際、いくらで何マイルもらえるのかを確認しておきましょう。

マイルが貯まるクレジットカードの選び方

クレジットカードを使ってマイルも貯めることができるタイプのクレジットカードも、いろいろとあります。ボーナスマイルが付くかどうかという点はまずチェックして、クレジットカードを選ぶようにすると得をすることができます。マイルを得られるクレジットカードを作った時に得ることができるのが、ボーナスマイルです。はじめて飛行機を利用する際であったり、毎回の搭乗ごとに追加でマイルが加算されたりするマイルのことを指します。全てのクレジットカードでボーナスマイルが付くわけではありません。選ぶならばこのボーナスマイルが付くクレジットカードを選びましょう。マイル数の割合というのも大切なチェックポイントです。A社のクレジットカードは100円使うごとに1マイルなのに、B社のクレジットカードは2マイル付くケースもあります。100円につき1マイルの割合でたまるクレジットカードよりも100円につき2マイルたまるクレジットカードの方が良さそうですが、そう単純なものでもありません。ポイントが付く割合がどうかという支店の他に、ポイントが付きやすいかどうか、という点も大事ですので、クレジットカードを選ぶ際には注意が必要になります。仮に、毎日電車通勤をしているとします。その場合、少々マイル還元率が悪くても、定期券の購入でマイルを得られるクレジットカードの方が、結果的に有利になることがあり得ます。車通勤の人の場合であれば、ガソリン代をクレジットカードで支払うことで、毎月しっかりとマイルを貯める事ができるようになります。自分の生活を考慮してマイルが貯まりやすいクレジットカードを選ぶようにしましょう。